2011年04月23日

被災地へのメッセージ

<日本中から届いた被災地への応援メッセージより>


*2歳の息子が一人でシューズを履いて外に出ようとしていた。
「地震を逮捕しに行く!」とのこと
小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。
みなさん、気持ちを強く持ってがんばりましょう。(埼玉 男性)


*父からこんなメールが来た。
どうね、東京は。
人吉では被災地の学校を丸ごと一校受け入れるらしかよ。むかえのバスを現地まで送るってたい。
被災地では熊本の救急車走っとるし、36時間かけて救援物資をトラックで送りにいった人もおったらしい。
熊本の片田舎でんできることはなんでんやらんとね。
だけん旅費は義捐金にします。東京行くのは中止になりました。 おまえは東京でできることをやんなっせ。(東京 男性)



*ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、
「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら
「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」
と返事が。
彼らはタフだ。肉体も、精神も。(千葉 女性)
posted by 高橋 直子 at 05:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする